北海道のワカサギ釣りツアーを楽しむポイント

北海道で冬の旅行と言えば、スキーやスノーボードというイメージがありますが、寒い時期にだからこそ楽しめるワカサギ釣りツアーもあります。


氷結した川や湖の上で楽しむ独特のスタイルで、普段は足を踏み入れられない川の上、湖の上の真っ白な世界での釣りになります。


ワカサギ釣りツアーを楽しむには、まず、防寒をしっかり整えるようにしましょう。北海道の冬は、マイナス10度以下に下がる事も珍しくありません。

川や湖の上は風を遮るものがなく、強い風が吹く事もあります。

特別なスノーボードの旅行を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

この為、単純に暖かい装備だけでなく、防風がしっかりした衣類を用意するべきです。

裾や襟、袖の隙間から風が吹き込むととても寒くて釣りを続けられませんので、注意しましょう。

また、釣ったワカサギをその場で揚げて食べられるツアーがおすすめです。

ケイビングの鍾乳洞について解説いたします。

釣りとグルメとを両方、一度に楽しめる面白さがあります。

野外で食べるワカサギの天ぷらの味は、家やお店で食べる物とは一味違った美味しさがあるものです。


この他にも、テントやトイレ等、滞在中に便利な設備が用意されているツアーがおすすめです。

風が吹いて寒くなってきた時に一休みする、あるいは、晴れてきて暑くなったので着替えるといった事の為に、休憩所としてテントがあると便利です。



手ぶらで参加したいのであれば、釣り道具の貸し出しをしてくれるツアーを選ぶと良いでしょう。

必要な物を全て揃えてくれるサービスは、気軽に利用できて手間もかかりません。